マネジメント・ワークショップ(一般公開)


イベント詳細

  • 日付:

背景と目的: 働き方改革が進み、コンプライアンスが厳しくなる中、管理の仕事は増える一方です。時間的、精神的なシワ寄せはすべて管理職に押し寄せて来ています。過度の負担に苦しむ上司をみて「あんなに大変ならば、自分は管理職にはなりたくない」と感じる若手社員が増えるのも無理ありません。それに加え、最近ではセクハラ、パワハラ問題が大きく取り上げられ、管理職は部下への対応にこれ以上に気を使わなければならないのです。このワークショップは、管理職「受難の時代」にマネジャーとしてどう考え、どう行動したら良いのかを、じっくり考え、答えを見つけるための一泊二日の合宿研修です。

対象: 企業の管理職のみなさま

6月15日(金)
11:00−12:00 オリエンテーション&自己紹介
12:00−13:00 昼食
13:30−15:00 オーセンティシティー(自分本来のマネジメントスタイルとは)を考える
15:00−16:00 散歩&内省セッション
16:00—18:30 セクシュアルハラスメントのない職場をつくる
18:30−22:00 夕食と囲炉裏端ディスカッション: テーマ「働き方改革にどう対処する」
22:00     宿泊施設へ移動

6月16日(土)
7:00     宿泊施設から南総学舎へ移動
7:30−8:30   内省のためのヨーガ(by 成田涼子講師)
8:30−9:00   朝食
9:00−12:00  優れた管理職はビジョンで人を動かす
12:00−13:00 昼食
13:00−15:00 アダプティブリーダシップで部下たちと健全なコミュニティーをつくる
15:00−16:30 5年後の自分を描く
17:00     終了

参加人数 最大8名
参加費用 3万5千円
お申し込みは ↓

お問い合わせはこちらのメールアドレスまで:
kaz-saito@nanso-gakusha.com